キャッシュレスは何を使うべきか

経済状況がここ数年で一番良くないのに,消費増税が実施されました.

消費増税には断固反対,というか消費税にはそもそも逆進性があり,貧しい人たちがますます貧しくなって格差が拡大するので,消費税そのものに猛反対ですが,反対していてもその中で生活はしていかなければならないので,少しでも得になる方法をいろいろ探しています.

ここ数か月,なんとかペイの囲い込み策で,いろいろあり,うまく乗れたり乗れなかったりしました^^; 9月中はOrigami Payを利用して,3%即時割引というささやかな恩恵を何度か受けることができました.

10月に入ってからは政府のキャッシュレスポイント還元がメインとなると期待していましたが,筆者の生活圏では,よく利用するスーパーやドラッグストア,ホームセンターなどは対象外で,2%還元のコンビニくらいしかありません.

もともと商品価格の高いコンビニでは2%くらいの割引ではスーパーで買った方が安いです.

どうしたものかと,既に登録しているなんとかPayのうちで,1番得なのは何か調べてみました.

いくら,還元率が高い方法が見つかっても,自分の生活圏に利用できる店がなかったり,個人的な事情により利用したくないという支払い方法では,話になりません.

そういう視点から,今回ほどキュレーションサイトが役に立たないと感じたことはありません.

地道な調査の結果^^; 筆者にとってはどうやら楽天ペイ (R Pay)がいいようです.キャンペーンに登録して,たくさんのジャンクメールを受け取らないといけないようですが,最大5%の還元を受けられます.

筆者がスーパーの次によく利用するドラッグストアが,5%還元の対象になっていることが解りました.また,たまに食べに行く牛丼屋も5%対象です^^;

しばらくは,R Payを活用しようと思います.

情報が一般的過ぎるため.

ID/パスワードでセキュリティが十分と考える最低な会社

実は私も,十分ややこしいパスワードを作り,使い回しさえしなければセキュリティ対策は十分と,長年考えていました.

しかし,7payの事件でNHKの取材に応じた被害者は,(たぶん私と同レベルに^^; )セキュリティー意識が日頃から高く,今回クラックされたパスワードは,これまで使い回したことがない十分複雑なパスワードであった,と証言しています.

複雑なパスワードを使えば十分と思いつつも,実力のあるハッカーが,狙い撃ちしたら,破れないサイトはない,ということも,ハッキングのコンテストなどの記事をいくつか読んで知っていました.

そうなんです.十分ややこしく,使い回していないパスワードは,レベルの低いハッカーが行う辞書攻撃には十分なんですが,高度なハッカーの狙い撃ちには,全く意味がないということなんです.

そんなことはたぶん専門家ならずいぶん前から解っていたと思うのですが,特に金に汚いICT系サイトなどは,金のかかるサイト側の対策は取らず,一方的な規約によって,利用者に全部責任を押し付けるようになってしています.金融系の多くは保証する範囲が広くまだましのようですが.

これらを考え合わせれば,IDとパスワードのみで認証するサイトであれば,それだけで,運営側の落ち度であると断ずることができます.

なんか,関連のニュースを見聞すると,集団訴訟が起きても良いくらい被害が広がっているようです.

「ユーザーIDとパスワードだけで認証するサイトは,セキュリティ対策が不十分で,被害が出た場合の責任は全てサイトの運営側にある」という画期的な(というか当たり前の)判決が早く出ないかなと思います.法曹界も科学オンチな人が多いようで,あんまり期待できませんが^^;

また,最近広がりつつあるQRコード決済の会社にも,利用者に責任を押し付ける低レベルなところがあるそうなので,調べて解約することにします.

イランの危機なんとかならないか

日本には一時期ビザの関係でイラン人が多くやってきて,今でも,日本で暮らすイラン人は少なくないと思います.

個人的には,十数年前,シンガポールの学会のランチで,イラン人研究者と話をしたことがあります.あまり口数が多くないタイプの人でしたが,他の国の人たちに対してよりも,私を日本人と知って,緊張を解いて話してくれたという印象が残っています.

イランとアメリカとの緊張がかつてないほど高まっています.イランは現在の体制が成立して以来,尋常でない反米意識を持ち続けていますから,アメリカ・EUとの核合意を本当に守っているか疑念が無いわけではないですが,今回の緊張の高まりは,トランプ政権が核合意からの脱退を一方的に決めたのが発端となっていますから,責任はアメリカにあると言えると思います.

そのアメリカのトランプ大統領ともイランとも,わが国の首相は,良好な関係を保っていると自負し,この緊張がピークになる直前に両国の首脳とも会談しているんですから,今,何にもしないとしたら,政治家としてどうなんでしょう.

最悪の事態となれば,民間人に多くの犠牲が出ることは間違いありません.兵士が死ぬのだって,悲しいことです.そうならないことを切に願っています.

相互にビザ不要だったためと記憶しています.

つくば駅周辺の衰退

昨日,何か月ぶりかにつくば駅界隈に行ってきました.車で周辺を走り抜けることはしばしばありますが,駅周辺に用事で出かけたのは,昨年の10月以来のようです

行く度にいくつかの商業施設が撤退しています.ライトオンが本社・本店を移転,ロッテリアが撤退というのは,事前に知っていましたが,周辺も活気がありませんでした.

ダイワロイネットホテルのテナントだったSMBCつくば支店も駅前から撤退して,改装中でした.移転先は研究学園駅近くということです.

用務のあと,ちょうど昼食時となったので,どこで食べようか探し回り,つくば駅前の商業施設Q’tのフードコートにあるステーキ店にしようかと仮に決めて,その店で唯一使える電子マネーであるSUICAにステーキ代分をチャージしました.しかし,先週からあまり胃腸の調子が良くなく,値段もかなり高めで,もったいなく感じたので,もう少し今の自分の体調や食欲に合い,リーズナブルなものが何かないかともう一巡りしたところ,居酒屋で600〜800円でランチをやっているのでそこに入りました.

650円の鶏と野菜の黒酢あんかけ定食にしました.まあ,特別美味しくはありませんでしたが,野菜が多かったのでよしとします.

今どきの居酒屋は,席ごとが高いしきりに囲われているので,いったい広い店内にどれだけ客がいるか解りませんが,ほとんど他の客の気配がしませんし,店員も,私以外,もうひと組(会話も聞こえないのでそちらも一人客)のみに接客しているだけでした.

支払は,EdyかiDが使えると言うことなので,iD (Apple Pay)でキャッシュレスにできました.

ということで,この居酒屋のリーズナブルなランチセットは(店自体も^^; )いつまで続くか解りません.

まあ,素人目にも,つくば駅周辺の開発の仕方は失敗だと思います.大都市の中心部のように商業施設を高密度にしたのが,車中心の地方の人々の生活に全くマッチしなかった.おおもとの都市設計が,半世紀も前なので致し方ないところはありますが.

後発の研究学園駅周辺は,広大な地域に,広々とした駐車場をもつ大規模な商業施設分散させて,発展を続けています.SMBCのつくば支店がつくば駅近くから,研究学園駅近くに移転したことが,両駅周辺の栄枯盛衰を象徴しています.

写真のGeotagで確認しました.
残額が帰りのバス代+α程度しかなかったため.