Adventure Time終わる

ここ数年,楽しみに見てきたAdventure Timeが,2021年2月5日(金)最終回となりました(東京MX-TV).

FinnとJakeが止めきれなかったPrincess Bubblegumとその叔父たちとの戦争は,終末兵器ともいえるGOLBの出現で全く意味がなくなりました.このGOLBの出現は,実は日本語版WikiPediaにはサラッとしか紹介されていない(2021/02/06現在)あの女性の仕業でした.またPrincess BubblegumとMarcelineの関係もその過程ではっきり明かされました(伏線はあったものの個人的にはちょっと予想を超えていました).いろいろ複雑な話で楽しめました.

競馬中継が続くと,何か月も放送が途絶えたりして,かえってそのせいで待ち遠しかったです.当分喪失感が続きそうな気がします.

シリーズの終盤でいろいろかき回したけど,結局目的ははっきりしていたわけです.

0.6ポイントの差

今日の夜のNHKニュース(地上波)を見ていて,耳を疑いました.NHKのサイトにありますが,問題の部分を引用します.

〝最も開きが大きい東京都でも0.6ポイント程度(注: 抗体が確認されたパーセンテージと感染が確認されたパーセンテージの差)となっています。
これについて厚生労働省は「感染者の比率と抗体の保有率の差はそれほど大きくない。 〟

2020年12月の調査で新型コロナウイルスの抗体が確認された人の割合は東京で0.91%,同じ時期の東京の累計の感染者の割合が0.32%で,その差が概ね0.6ポイントです.その0.6ポイントはたいしたことないと厚生省が言っているわけです.

呆れるというか何というか.もちろん,10%とかでしたら,0.6ポイントは誤差範囲です.

しかし,0.91:0.32≅3:1ですから,実際の感染者の1/3しか捕捉できていないということで,完全に市中感染が広がっていると言うことではないですか.

10:1とか,100:1とか,桁が違わなければ問題ないと言うことなんでしょうか.

毒親ネタは笑えない

NHK連続テレビ小説「おちょやん」です.あらすじ全体は悪くないし,杉咲花の演技も良いです.

ただし,毒親に関してはずいぶんひどい話をいくつか読んだりしているので,程度の差があるのかもしれないけど(下記の通り,見てないから解らないです),それは本質ではないので,愉快じゃないです.

ということで,トータス松本が出演する回(週)はパスしてます.

毒親だけど愛情はある,最後には和解した的などうしようもない設定はなおさらやめて欲しいです.

下請けいじめ

5年前に多くの若者の命を奪ったバス事故について,NHKが割合と時間を割いて報道しています.

事故については痛ましいもので,もちろん死亡した運転手とバス会社の責任は大きいと思います.

その後,遺族や関係者の努力もあって,バスの運行料金について最低基準が法的に決められ,バス会社についても安全管理(運転手の健康管理を含む)の監督が以前より厳しく行われるようになったようです.

しかし,NHKの報じるところによると,コロナ禍で厳しい状況になり,旅行会社から法定料金を下回る金額が提示され,「できないなら他でできるところがあるのでそっちに回す」といわれて,やむなく受けているところがあるようです(報道では一例ですが,少なくないと思います).

法定料金を下回る金額で仕事を受けろって,これは誰がどう考えても,考えなくても,明白な下請けいじめですよね.事故のあとに整備された法律についても,バス会社には厳しいけど,元請けにあたる旅行会社には甘いなと前から感じていましたが,現実的にその通りになっているようです.

なんでこんな理不尽な法律になっているのかと考えたら,答えは簡単ですね.旅行業の業界団体は,J民党の大物政治家と深いつながりを持っています

まあ,そういうことですね.

歴史に残るであろう天下の愚策であるコロナ禍の中でのGo To トラベルの件で周知のところとなりました.

経済人

経済のことで食ってる人をなんていうのかなと思い,とりあえず「経済人」でネット検索したら,「経済人(けいざいじん)またはホモ・エコノミクス(homo economicus)とは、もっぱら経済的合理性のみに基づいて個人主義的に行動する、とした(と想定した)人間像のこと」(WikiPediaより)だそうです.

日経系のメディアからは,こういう臭いがするので,なるべく触れないようにしています.たまたま,数日前に,テレビでザッピングをしていたところ,テレ東の相場の番組でアメリカの大統領交代に関して「専門家」が解説していたので,「へー,相場の番組でアメリカの政治についての解説か,珍しい」と思って,しばらく見ていました.

論旨としては,いまさらトランプ大統領の弾劾訴追の審議などすべきではない.なぜなら,このことで議会の他の審議が止まり,次期政権の経済関連閣僚の承認が遅れて経済に悪影響が出る,ということでした.

まさに「経済人」ですね.森羅万象を経済の視点からとらえる.WikiPediaの見出し語が服を着て歩いているかのようです.彼らをいつまでものさばらせていたら,自己責任原理主義の社会になってしまいます.今もかなりそれにちかいですが.

某新聞電子版に金を払うなら,毎月その金額でビットコインを買った方がましです.

それもかなり短期的な.