小さな扱いの凶悪事件

24歳の女性が監禁され暴行されて死亡し,死体が遺棄された事件ですが,報道されている概要を聞いただけでも人の尊厳を踏みにじる凶悪極まりない事件と言えます.亡くなった被害者の無念さ,被害者の家族や親しい人たちのやりきれない気持ちは,計り知れません.

しかし,ほとんどローカルニュースの小さな扱いです.

たぶん遺体やその他から殺害した証拠を見つけ出すのは困難と思いますので,訴え出た「親族の女性」の証言だけでどれだけの罪が認定されるのか注視していきたいと思います.

てらだのう

人の記憶というのはあいまいなもので,映像まで目に浮かぶような鮮明な記憶でも,当時自分で書いた日記,ブログなどや,第三者の書いた記事などと照らすと肝心な部分が違っていたりします.

ベテラン俳優の寺田農ですが,昔NHK-FMのクロスオーバーイレブンに出演して,自身の名前を「てらだのう」といっていたような記憶があります.しかし,今日ネット検索しても読みは「てらだみのり」で,過去にでも「のう」としていたとするまともな😓サイトは見つかりません.

Wikipediaのクロスオーバーイレブンの項には,寺田農が出演したことさえ記されていません.

それでも他のサイトの情報を眺めてみると,特別番組のゲストのナレーターとして一週間だけ出演していたとの記録が見つかりました.

このサイトの方は,同番組のかなりコアなファンのようで,書いてある情報は信頼できると思います.したがって,寺田農がクロスオーバーイレブンに出演したことは間違いないようです.

しかし,寺田農がかつて,あるいは一時的にでも「てらだのう」としていたとするサイトは見つからないので,この問題の核心部分については現時点ではなんとも解りません.

レギュラーのナビゲーターは津嘉山正種だったので,ゲストだったと思います.
当時のメモなどを元にWebに掲載したものと推測します.

年賀状宛名書きができない

安田顕が出演する某カメラ販売会社(スタジオ会社)のCMのシリーズはなかなか面白いです.最近盛んに放映している右手を痛めて医師から年賀状の宛名書きを止められる話もおもしろく,特に妻役の佐藤乃莉が不思議な雰囲気をかもしていて良いです.

現実的に宛名書きを止められるように,都合良く右手を痛めることがあるのかなと思いますが,その非現実性も面白いわけです.

ところが,あるんです😓 当地では連日氷点下の冷え込みが続いていますが,雨が降った翌朝でしたか,コンポスター(写真左.ひねって蓋をアンロックするタイプ)の蓋を開けようとしましたが,雨滴が蓋の隙間に入り込んで凍ってしまい,元々開けるのがたいへんな蓋が開かなくなってしまいました.力任せに何とか開けましたが,このとき右手首を痛めてしまったようです.

わが家の2機のコンポスター.数か月間を置いて交互に野菜クズを投入することで,野菜クズは消えてなくなります(2019年5月撮影).

例年表も裏も印刷だけの素っ気ない年賀状を出していましたが,今年は少し時間があるので,一言ずつ添え書きをしようかと思いましたが,どうやら難しい情勢です.

ということで,この新年も表裏印刷だけのやっつけ仕事的な年賀状をお届けしますがご容赦下さい😓 > 関係各位

野菜クズなどを土に戻す微生物の活動を利用したハイテク機器.

ムーミン

ムーミンって,登場人物は一通り知っているつもりですが,全体の話の流れはおろか,エピソードのひとつも思い出せません.たぶんちゃんと見たことがないのではないかと思います.

日本で最初にアニメーションが放送されたのは,1969年だそうでその頃はたぶんプラモデルに熱中していたので,ほのぼのしたアニメには関心はなかったと思われます.その後も何度かアニメ化されているようですが記憶はありません.

この度,CGのアニメーションがEテレで放送開始されたので,勉強のために見ることにして,毎回録画しています.

で,時にはかなり飛ばしながら見ていますが,個人の感想としてはそんなに面白くないですね.登場するキャラクターがどれもユニークすぎて,それに勝つような話というのはなかなか作れないのではないかと思います.

馬鹿か忖度か

与党間の意地の張り合いで給付する10万円を現金5万円とクーポン5万円に分けることになったようですが,それに関する大手メディアの報道が馬鹿すぎです.

クーポン支給のために事務経費が1000億円近くかかることを多くの大手メディアは「多すぎる」というスタンスで報道していますが,それが例えば500億円になれば「大幅に減らせて良かった」という姿勢で報じるんでしょうか.

そもそも最初から全部現金支給にしていれば,クーポン支給に関する費用は1円もかからないのです.現金支給は手続きが始まってから途中で金額変更ということになれば追加費用がかかるでしょうが,最初から金額が決まっていれば,5万円でも10万円でも現金支給にかかる事務手数料は変わりません.

納税者目線からすればクーポン費用は全部無駄金です.

与党の「現金だと貯蓄に回る」をこれまた大手マスコミは大本営発表の垂れ流しをしていますが,今回支給対象になっている人たちの貯蓄額はどのくらいのレベルなのか,貯蓄に回す余裕がどれほどあるのか,調べてからものを言ってもらいたいものです.

そして,巨額の事務経費がまたD通に中抜きされるのも見え見えですが,どの大手マスコミもその可能性に言及しません.そしてこれも何度も繰り返されたことが明らかになっていますが,中抜きの一部は自民党に環流します.当然,また中抜き・環流と同じことが繰り返されるのに,次の来るべき段階について大手マスコミは一切触れません.

真珠湾攻撃の記念日(やその前)に,NHKでは太平洋戦争開戦の頃のマスコミや人々の空気感を資料から読み取るような番組を放送していますが,一番反省がなく空気を醸成する危険な存在はNHKを筆頭とする大手マスコミ自体ではないでしょうか.