アナウンサーの興奮に興ざめ

言わずもがなの大橋悠依選手の2つ目の金メダルの200m個人メドレー決勝の実況中継です。

もうちょっと抑えてやってもらえないと、見てる方が引いちゃいますよ。あなたは仕事で給料もらって、その上で1番見やすいところで見てるんだから、少しはわきまえてテレビ観戦してる視聴者の身になってほしいです、テレ朝の局アナさん。

教育者のあり方

堀米雄斗選手の金メダル獲得は実に素晴らしかったです.

これまでスケートボードの競技は見たことなかったんですが,というか少なくとも地上波でじっくり放送したものはほとんどなかったと思いますが,それをじっくり放送してくれたNHKはたいしたもんだと思います.

一方,堀米選手の母校(高校)の校長が「在学中はいるかいないかわからないような生徒だった」という趣旨のことを言ってました。

この言葉に大きな日本の教育の根本的な問題が凝縮されてるように思いました.目立たない子は教育者はほったらかしで本当に才能があってもそれに気づくことがない.目立つ子ばっかり相手にするからです.

才能があるのは目立つ子も目立たないかも同じだと思います.しかし,そのうちの半分は見捨てているわけです.もちろん堀米選手ほどの強い意志と才能があれば教育者の出番はないですが,多くのおとなしい子は,せっかくもっている才能について本人を含む誰もが気付かず開花しないまま終わっているっていることが多いのではないでしょうか.

目だつ子だけ相手にするっていうのは,一人の教師に対する生徒数が多いからとは言え,教育者として受け身に終始しているということで,それが日本全体的な傾向ですから,日本の教育の敗北のひとつの原因なんじゃないでしょうか.

その他感じたこと

海外の選手の多くがAirPodsを付けたまま競技していて,スマホも身につけたままのようです(何度か出し入れするシーンがありました).競技中は頻繁に激しく転んでいましたし,練習中は転倒の連続でしょう.高額の賞金を稼いでいるからスマホくらいいくら壊しても良いのかも知れませんが,その度に初期設定やデータの移行をするのはかめんどうなんじゃないかと思いました.

堀米選手は高校卒業後アメリカに移り,賞金で家まで購入したのは,事前に何かの番組で知っていましたが,スマホを持ったり,入れ墨入れたり鼻にピアスしている海外の選手たちに交じって活躍する中で,日本の真面目な青年を通しているのも立派だと思います.

Gentooのメンテあきらめ

もとは同じだと思うのですが,2つのGentooの仮想マシンがあります.一つは多分メインのWSとしての可能性を調べるために実マシンにインストールして,その後メインとしてもサブとしてもWSとしては使えないという判断をしたものの,いつか実マシンに復帰させる可能性を残して,仮想マシンに移行させたイメージです.

もう一つは,もともとあった古いGentooの仮想マシンをup to dateにするのは不可能と判断して,前述のWSとしての実用性をテストしている実マシンから,VMWare Fusionの仮想マシンに移行して,さらにLinuxのKVMにコンバートして,元々あった古い仮想マシンの後釜に据えたものです.

Gentooのメンテは実マシン・仮想マシンにかかわらず,基本的に週にそれぞれ数回パッケージのデータベースを配布元にシンクロして,その後updateコマンドをかけるのですが,基本はソースからbuildするのでものすごく時間がかかります.時間がかかるだけなら,放っておけばいいのですが,ときどき,なんか警告が出て,よくわからない注意書きを読まされ,設定の変更を要求されます.これがただ残しておくだけが目的の仮想マシンに行うのはめんどくさいです.たぶん,してはいけないほうの判断を時々したと思います.

そんなわけで,いろいろ重荷なのに,仮想マシンで動かしても,「動く」という以外全く意義がないので,update作業はやめることにしました.

ディスクイメージはとっておくことにしますが,まあ,将来的に使うこともないでしょう

あるいは,仮想マシンでインストールを開始して途中で実マシンに移行したかもしれないけれど,もはや思い出せません.
可能かもしれないけれどものすごい調査と手間と試行錯誤が必要.
Gentooは,update作業をさぼると,up to dateにするのが非常に困難になります.

今日の香港は明日の日本か

NHK: 「香港国家安全維持法」施行1年 抗議の声厳しく抑え込む

香港は,トランジットで2回古い方の空港を利用したことがあるだけです.もう40年近くの昔です

その香港では政府が強権によって,民主化運動,人権運動を徹底的に弾圧して,「治安の維持」を実現したそうです

香港が中国に返還されたのは1997年7月1日ですが,その前の1年3か月間,シドニーの郊外に住んでいました(1996年3月〜1997年6月).その間シドニーの北の副都心,Chatswoodには,大きなビルがたくさん竣工しました.聞くところによると,香港から流出した資本によるものだそうです.多くはショッピングセンターを併設したオフィスビルや住宅で,新しく開業したショッピングセンターにはたいていヤムチャを提供するレストランができて,いくつか利用したことがあります.

そんなわけで,香港には実質的に行ったことはないのですが,時代に翻弄される「香港」を身近に感じたことはあります.

大きなビルを建てるほどの大資本家でなくても,ある程度の金持ちは生活環境の悪化の兆しを感じた時点でさっさと財産とともに移住したでしょう.それがかなわない普通の人たちは,次第に圧政に巻き込まれていくことが解りながらももそこに残らざるを得ません.自由や人権も金しだい.なんとも不条理です.

マカオは,2012年に用務で4日ほど滞在したことがあります.
これって,日本のアレな人たちが理想とする国家像じゃないか😓 でも,アレな人たちは中国が嫌い.近親憎悪ってやつですね.

亡者の国

わりと最近,「経済人」という言葉を知りました.森羅万象をカネを基準に考える銭の亡者のことです.普通に暮らしていればそういう人たちの存在を知ることは容易です😓

ある程度効果があるワクチンが開発されれば,その副作用が効果の何百分の1だったら,経済人的視点からは,国民に接種を推奨すれば良いです.ワクチン接種の費用に対し,削減できる医療費がはるかに大きいです.重篤な副作用が出た場合,明らかに接種が契機になったとしても科学的に因果関係が証明できていなければ,「科学的に因果関係がない」と突っぱねればいいわけです(たいていは「科学」が遅れているんだと思います).

ってずいぶん極端な話のようですが,先ほどニュースで見た子宮頸がんワクチンの話そのものです.

必要なのは接種前の情報提供なんかではありません.どんなに情報を提供されたって,打ってみなけりゃ副作用が出るかどうか解らないんですから.接種後の副作用について,科学的に因果関係が証明されていなくても,接種が契機で発症したことが明白ならば,治療と生活支援を十分にしていくことを保証することが必要です.

自分の払っている税金に関わることですし,国の財政の健全さは所有している有価証券に影響しますし😓
科学的に因果関係がないことが証明できない限り.