空港の運営に問題なかったか

関東地方が台風15号の来週に見舞われた月曜日ですが,成田空港から通常の交通手段で東京に行けず,ターミナルビル内が人手あふれているのに,到着便をそのまま着陸させ続けた空港の運営方法に,問題はなかったんでしょうか.

たとえれば,鉄道のホームが人でいっぱいなのにコンコースからホームへのエスカレーターを動かし続けるようなもので,これでは,エスカレーターでの将棋倒しやホームから人が落ちるなどの大事故が起きかねません.

とはいえ,飛んできてしまった飛行機を,羽田空港や茨城空港に着陸させるにしても,羽田にも余裕はないでしょうし,茨城も能力的に無理なのかも知れません.素人なのでなんともいえません.

しかし,月曜日の状況は,大事故が起きても不思議でないような状況でした.それこそcustomer-firstの視点から,災害時の運営方法を考えて欲しいと思います.

2019年9月9日(月)

陸の孤島成田空港

昨日(2019年9月9日(月))は,家族が帰国するというので,成田空港第2ターミナルに迎えに行きました.

当地から成田空港は,圏央道が大栄ジャンクションまで開通したおかげで,順調にいければ,片道45分と,たぶん関東にすむ多くの皆さんよりも便利です.

ところが,猛威をふるった台風15号の影響で,道路交通情報に寄れば,朝から千葉県内の高速道路はほとんど全部が通行止めとなっていました.

それが,奇跡的に迎えに出発する頃には,圏央道の大栄ジャンクションまで,東関東自動車道の成田までと新空港自動車道だけ復旧しました.

家族の便も,空港の到着案内によれば,順調に飛行しているようなので,予定どおり家を出ました.

たしかに,新空港道で目的の成田空港第2ターミナルまではほぼいつもどおりに行けましたが,ターミナルの前を通り駐車場に入るまでが大渋滞で,駐車場に入るまでに約30分を要しました.予想外の渋滞で,実際の時間よりもずっと長く感じました.

ターミナルビル内に入ったら,人の多さにまずびっくりしました.飲食店も半分くらいしか開いてなく,営業している店はどこも行列になっていました.

1番ひどかったのは到着ロビー(1F)で,多くの人が唯一動いている東京方面行きのバスにのろうと,チケット売り場の列に並んでいました.しかし,列がどう続いているか解らないくらい混沌としています.

だんだん解ってきたのですが,高速道路だけでなく,鉄道も京成・JRとも不通で,成田空港が陸の孤島と化していたのです.到着した人たちはわずかに動いている一般道を走るバスに乗るか,家族や友人に迎えに来てもらうかタクシーに乗るしかないです.それで,空港内の道路も大渋滞していたわけです.

なんとか家族を拾い,夕食は家の近くでということにして,駐車場から直結している新空港自動車道に入ろうとしたのですが,入り口は閉鎖されていて入れてくれないのです.納得できませんでしたが,どうも,後で考えると,この入り口を開くと東京方面に行きたい車が入って,混乱するから閉鎖しているようです.

渋滞する新空港通り(新空港自動車道に並行する一般道)を一時間近く走ってようやく東関東自動車道の成田インターにたどり着きました.新空港通りの歩道には,歩いて成田駅まで向かうとみられる旅行客たちが多数歩いていて,彼らと抜きつ抜かれつなほどの低速走行でした.

成田インターへの分岐には作業員姿の係員がいて,高速に入ろうとする車を一台一台止めて,行き先を確認していました(このことから上記の駐車場からの入り口が閉鎖されている「事情」が類推される).「大栄」まで言ったら通してくれました.

もう深夜なので,あとは家まで順調に,と思ったら,阿見東インター手前から10kmほどの深夜の渋滞に巻き込まれてしまいました.

まあ,ここまで来ればほぼ地元なので,阿見東インターで降りて一般道を走り,ファミレスで遅い夕食をとり,帰宅しました.

しかし,とにかく情報が全くない状況には腹立たしく,呆れました.台風の影響はないか,朝からNHKのニュースも見ていましたが,成田空港の「な」の字も出ませんでした.ようやく翌10日の朝のニュースで「1万3千人が足止め」ってありましたが,9日にタイムリーに報じてくれていれば,同じ混乱に巻き込まれるにしても心構えができたはずなので,ずいぶん違っていたと思います.

NHKは9日の朝から,東千葉駅で駅舎の屋根が飛んで架線にかかって不通って報じてたんですから,東千葉が不通ならNEXが運休なはずだけど,京成は動いているのかって考えるもんだと思います.

それでも,多少の渋滞や空港の大混雑に巻き込まれただけで,その日のうちに家まで帰れたわが一家は幸運でした.

この日の混乱に巻き込まれた内外の旅行客の皆さんには気の毒としかいいようがないです.

暑い中,新空港通りを歩いていた旅行客の皆さんが,無事に宿にたどり着いたことを願っています.

空港内の混雑を含む.

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

鉄血宰相ビスマルクの有名な言葉です.

解っちゃいるけど,人類は歴史に学びません.だから何度も戦争を繰り返しますし,大都市への一極集中や格差の拡大が野放しにされています.

何でそんなに愚かなのか.その理由は自分の経験で解りました^^;

最近は,時間をつぶすのに任天堂スイッチのLet’s Goイーブイをすることが多いのです.例えばある特別なアイテムの入手方法について,世間の人はみんな知っていて,自分だけ知らないことだったとしても,自分で発見できたらこれは格別です.たぶん脳内モルヒネ,エンドルフィンが出るんだと思います.

海外旅行でもそういうことがあります.どこそこの街のイタリアンなカフェのフォカッチャが格別だなんてことが,「なんとかの歩き方」や,今日ではwebの旅行情報に書かれまくっている事だとしても,その予備知識なく(あるいは,ごく断片的な情報だけから)自分で発見したらうれしくて仕方がありません.

ですから,脳内モルヒネを出すために,ゲームをするのも旅行に行くのもなるべく下調べをしないのが良いです.

ただし,あまりにもその発見に時間と労力とお金がかかるようでしたら,ストレスになるので,その難易度に応じた調査をした方が良いです.多少の調査をしても,人に手取り足取り教えてもらったり,連れて行ってもらうよりは脳内モルヒネが出ます.

経験で何かを得ると脳内モルヒネが出るから,人は経験に学ぶんです.本を読んで学んで興奮する 変態 賢者は,いることはいますがごくまれでしょう.

以上が私の経験に学んだことです^^;

台湾出張の印象

そういう訳で,3泊4日の台湾出張から無事帰国しました.

前回の海外は,やはり出張で,5年前の12月のシンガポールでした.このときは4泊5日で今回よりは日程的に余裕がありました.

このときと比べるといろいろ変わりましたね.日本の入出国審査はセルフレジ化されて,スタンプも希望しないと押してくれません.台湾側は,外国人であるということもあって,従来式でした.入出国ともそれなりに行列ができていましたが,せいぜい10〜15分くらいの待ちだったと思います.このくらいならばまだ荷物は出てきませんから,ちょうど良いのかも知れません.

さて,印象として一番に挙げるとなると,やはり,歩くにはちょっと辛いということです.初めての街をあてもなく歩くのが好きな人間には残念でした.

以下雑感です.

  1. 人々は親切であるが,英語で話しかけられるのを嫌がる人が多いようだ.簡単な英語もなかなか通じない
  2. ICカード(Easy Card,悠遊卡)でMRTも,バスも乗れるしコンビニでも利用できて便利です.端数もチャージできるので小銭撲滅できます
  3. 中国本土のように中小零細商店でも使える電子マネーは普及していない
  4. バスは安いけれど,自力で初めて利用する路線で目的地に行くのはなかなか難しそう.また時間帯によっては渋滞のため,遅延が出る
  5. 物価(といっても外食・食品)は安い
  6. Pokémon GOは大人気です(下の写真参照).
  7. 現金はいつものようにクレジットカードを使用して,ATMからNT$2000引き出しました.手数料は2%で,銀行カードで引き出すよりも良いレートだと思います.
  8. 現金の残りはいつものように空港で土産物を買うのに使い切りました.不足分はApple PayのMastercard contactlessで払いました.はじめてFelica以外のApple Pay利用でした.

あとは,適当に滞在後半^^; の写真を見繕って紹介します.

前日は宴会でたらふく食べたので,この日(12/2)はあっさりしたものを食べたいと思って調べたら,くら寿司がホテルの近くにあると言うことが解って行ってみました.しかし,こんなに待っている人がいるのであきらめました.

こちらでもPokémon GOが大人気で,黒たまごのレイドバトルにはこんなに人が集まります.ジムのバトルも熾烈で,ジムにPokémonを置いてまとまったポケコインを稼ぐのはなかなかたいへんでした(結局1ポケコインも稼げませんでした).

このベジタリアン向け弁当案外うまかったです.

MRTの環北駅までもう少し(背の高いビルの付近).荷物引きずって歩くと汗ばむ陽気でした.

MRTは,高鉄の駅と桃園空港(桃園国際機場)を結ぶので,スーツケースなどの大型の荷物の置き場があるのですが,いちいちフックを外すのがめんどうで利用している人はあまりいませんでした.

土産物を買った店.人生初FelicaでないApple Pay決済をしたのもこの店です.

ゲート近くのフードコートでランチ.この店ではApple Payでうまく支払えず,プラスチックカードで払いました^^;

中国本土の普及についてはあくまでテレビやwebサイトからの情報です.
今回はVISA.
写真は体育館などの施設の前.写ってない範囲にも同じくらいの人数がいました.

台湾から現地報告

現地報告はしないと書きながら,第一報をお送りします.もともと朝早くから目が覚める上に,時差が一時間ある(日本標準時より1時間遅い)ので,朝は暇を持て余します.というのも,今日明日だけの話ですが.

さて,初めての国台湾ですが,はじめて台湾に来た人はまず来ないであろう,桃園市の外れにあるホテルにいます.ここまで来るのも他の国では経験したことのない(そうでもないか^^; )苦難の連続でした.自宅から成田空港,さらに桃園空港までは順調でした.

桃園空港からは,ホテルの最寄り駅環北(A21)までMRTで行きます.まずはATMからお金を下ろさないといけない.最初に見つけたATMで操作しましたが,最後まで行って,エラーでお金が出せないとのことです.そばにある電話機で係員を呼んだらすぐ来てくれました.レシートを見て,引き出し金額がゼロになっているから大丈夫だ(こちらとしては,あんまり大丈夫じゃないんですが^^; )というので,一安心しました.別の係員が来て,あちらのATMなら大丈夫と,別のATMを指し示してくれました.

そのATMで,NT$1500を下ろしたかったんですが,1000の倍数とかで,NT$2000下ろすことになりました.

さて,めでたしめでたしで,階下のMRTの駅に向かいました.SUICAのようなプリペイドカードであるEasyCardを買いたかったので,駅にある何のカウンターだか解らないところで聞いてみたところ,切符は少し離れたところにある自販機で買ってくれとのことでした.その自販機に行って,カードを購入しようとしたら,おつりは出ないから,ちょうどの金額を入れろとの指示があったので,いったんキャンセルです.片道NT$65のために,NT$1000もつぎ込むわけにはいきません.

のども渇いたのでコンビニで飲物を買って崩そうと考えて,見回したらセブンイレブンがありました.そこでミネラルウォーターを買うことにして列に並びました.自分の番が来るまでに,コンビニでもEasyCardが買えるとどこかで見たのを思いだし,順番が来たとき聞いたら,買えました.本体価格NT$100で,NT$200チャージしました.

写真はホテルに着いてからNHK Worldを見ながら撮りましたが,透けている奇抜なデザインで,どこにもEasy Cardとか書いてありません^^;

MRTはシンガポールで何度も乗った^^; のと改札からホームドアから,電車までほとんど同じです.

話には聞いていましたが,EasyCardをかざしてから自動改札機が反応するまで一呼吸必要で,皆いったん立ち止まっていました.たぶん東京などの乗降客が多い駅ではこの遅れがかなり深刻な混雑を引き起こすと思います

このホームの感じはシンガポールのMRTの地下駅とよく似てます.

環北駅は台北とは反対方向の終点です.ここから徒歩25分と事前のGoogle Mapsのお告げがありましたが,歩道が整備されてなくて,たまに歩道があってもバイクやいろんなものが置いてあって使い物にならず,車道の路肩は車が多数止まっていて,しばしば走行車線にはみ出しながらスーツケースを引いて歩くので,実際には35分かかりました(Google MapsのTimelineによる).

ちなみに,運転の荒さ(歩行者軽視)の度合いは,自分の行った国では,マレーシアよりはましですが,かなり悪い部類です.

Google Mapsのお導きでホテルに着いたはずなのに,目指すChungli Business Hotelはない.見回すと,「中壢大飯店」という看板があります.とりあえず入って聞いてみようかと言うことにして,4階にあるフロントに向かったところ,ところどころに「中壢大飯店 Chungli Business Hotel」と書いてあり,一安心しました.

チェックインして,部屋に入ったら,今度は,Wi-Fiがつながらない.フロントの人に来てもらってなんだかんだで1時間くらいやって,最終的にそのフロアのWi-Fiはだめなようで,他の階の部屋に移ることになりました.

晩飯ですが,Google Mapsで探すと近くにレストランがあると言うことなんですが,行ってみると店がなかったり,歩道のそばで調理してメニューの看板もない店がほとんどです.そんなのに居心地が良いレストランなんて評価が着いてます^^;

歩道のそばで調理している店の1つでメニューの看板があるところで,「牛肉炒飯 70」というのが目にとまり,買ってみることにしました.欲しい品物の説明ができず,看板の字を書いて注文できました.

デフォルトは持ち帰りのようで,奥にイートインスペースがありますが,誰も客がいません.そこでホテルまで持ち帰って食べました.

安くてうまかったですが,これだけってものなんです^^; しかし,食事の度におかずをいろいろ調達するのもめんどうだし(近くにコンビニもないんです),今後どうしたもんでしょう(といっても,自力の夕食は,あとは日曜日の夜だけです).

裏側にEasyCardのマークが薄く印刷してありました.
これもどこかのサイトで見たFelicaが優れているっていう記事の受け売りですが^^;