チェコの映画

もう20年以上前ですが,オーストラリアに居住していたとき,英語の勉強にもなるからとテレビはよく見ていました.とはいえ,興味を引かれるものでないと集中力が続かないです.一番中心に見ていたのはニュースと,クイズですね.そしてコメディーのドラマや映画.映画で良く覚えているのは,”She-Devil”, “Pet Shop of Horrors (映画版)”と,「チェコの映画」です.She-Devilはメリル・ストリープも出演しているし,そこそこ有名でしたし,滞在中2度以上見たので十分でした.Pet Shop of Horrorsの映画版はまあ,他の2者に比べるとちょっと面白さが劣ります.

一番印象に残っているのがチェコの映画で,実写とクレイアニメ,人形劇を組み合わせたユニークな映画で,途中から見たのと,ちゃんとメモをとらなかったので題名も忘れてしまいました.

帰国してからときどき思い出しては「チェコの映画」「クレイアニメーション」「人形劇」等をキーワードにネット検索するのですがなかなか見つかりませんでした.

何年ぶりか,先日ふと検索をしてみたら,見つかりました.検索エンジンの進歩と,蓄積され続けたネットの情報のおかげでしょう.チェコのヤン・シュヴァンクマイエルという監督の”Faust”でした.そう,原作はあのゲーテのファウストです.某通販ショップに中古DVDが出ていたので,中古にしては少し高かったですが,買いました.

1時間36分のあまり長くない映画なので一気に見ました.

最初のほうは,設定や主人公の行動の不自然さが目に付きましたが,だんだんその不自然さが当たり前という異常な世界になり,引き込まれていきました.不気味な話ですが,現実離れしているし,ドキッと驚かすようなシーンはないので,夢見が悪くなるようなことはないと思います.

難点としては,街も大道具も小道具も古くて汚らしいというところでしょうか.監督の趣味なんでしょうけど,話が不気味なので,古くても品の良いきれいさがあれば,個人的には,よりよかったと感じます.

いずれにしても,長年の溜飲が降りました.

dav